Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

【バックパッカー】東南アジア一人旅からチェンマイ移住する男の話。【周遊・放浪後のブログ】

2019
22
【男性ブログ】東南アジアをバックパッカーとして一人旅!のちにチェンマイ移住1



あと少しで

タイ・チェンマイ移住するのですが、

そもそもなぜチェンマイへ移住するのか

今回のブログ記事で書いてみようかと。



 ・


 ・


 ・


 ・



以前、男性バックパッカーとして

東南アジアを一人旅で周遊し

さまざまな国や都市を見てきました。

 

そのバックパッカー生活を送る中、


「めっちゃいい!」


と思えた場所に

いくつも出合うことができたのです。



例えば

カンボジアのシェムリアップとか・・

 

【男性ブログ】東南アジアをバックパッカーとして一人旅!のちにチェンマイ移住2



他にもタイのメーホンソンなど・・



P1290037後


どの場所も

その土地ならではの個性があって

素晴らしかったのですが、


そんな中チェンマイだけが

周遊中一瞬たりとも飽きを感じることが

なかったんですよね。

 


ホントに文字通り「一瞬たりとも」です!


 

それくらいチェンマイという街は

僕にとって魅力的&刺激的な街でした。

 

P1010928.jpg

 

日本へ帰ってからも

チェンマイでの日々が忘れられず、

それで思いきって海外移住に踏み切った

というわけです。

 


メインバッグにおすすめのバックパック4【チェンマイ移住・海外ノマドの準備】



ちなみにチェンマイ旅といえば

旧市街メインになると思いますが、

僕は旧市街は特に好きではありません。

 

ニマンヘミンという

東京の青山・代官山のような

おしゃれエリアがあるのですが、

そこがめっちゃ気に入りました。

   

そのニマンヘミンを

ただただ歩いているだけでも

ワクワクがとまらなかったんですよね。

 

チェンマイのニマンヘミンにある人気ノマドカフェ・スポット!おすすめのスタバ


 

以前、男性タレントの武井壮さん

ツイッターにて・・

 

 

と投稿してましたが、

まさに僕がチェンマイで味わった感覚が


「街に恋する」


ってやつなのかもしれないです。

  

 

僕と同じくバックパッカーとして

東南アジアを一人旅した際、

ある場所だけ特別な感情を抱いたという

人もいると思います。

 

それがアユタヤの人もいれば

セブ島に恋したという人もいるなど、

さまざまあるのではないでしょうか。

 

【男性ブログ】東南アジアをバックパッカーとして一人旅!のちにチェンマイ移住3



IMG_0298後



僕の場合だと、

その場所がたまたまチェンマイだった

というだけの話ですね。

 

なので、チェンマイにハマらない人も

普通にいると思います。



「十人十色」って言葉もあるくらいですので!



ちなみに僕がバックパッカーとして

東南アジアを一人旅した中で、

バンコクはどうもイマイチでした。

 

バンコクは東南アジアの中でも

結構な進歩をとげており

何でもあって便はいいのですが、

僕にはそれが面白みに欠けましたね。

 
【東南アジア周遊・一周1】フィリピン→カンボジア→ラオス→タイ【ルート】


バンコクよ、ホント申しわけ。。


話を戻しますと、


チェンマイの治安は比較的いい


いうのも

海外移住に踏み込めた理由の1つです。

 

日本はなにかと事件が多いですが、

チェンマイ...特にニマンヘミン

日本より正直治安はいいと思います。

  

チェンマイを旅する人は

旧市街ではなくニマンヘミンを

積極的に楽しんでもらいたい限りです。


ニマンヘミンは常に安心感が持てますので!

  


また歩けば何かしらの

おしゃれカフェが見つかるのも

マンヘミンの魅力。

 

なので、男性よりも女性のほうが

気に入ってくれるような気がします。

 

【東南アジア周遊・一周2】フィリピン→カンボジア→ラオス→タイ【ルート】

 


P1010932.jpg

 


P1010952.jpg



P1280595後



P1280612後
 

チェンマイは日本より

ネット環境が充実してるので、

PC1台で仕事をしてる人には

うってつけの場所でもあります。

 

げんに現地のカフェへ行くと、

海外ノマドワーカーと呼ばれる人たちが

男女問わずよく仕事をしてます。



チェンマイのニマンヘミンにある人気ノマドカフェ・スポット!おすすめのスタバ3

  


僕もPC1台で仕事をしてるので、

そんな僕にとってチェンマイは

溶け込みやすい場所なんですよね。

  

ただ、こんなことを言ってる僕ですが

ラオスのルアンパバーンのほうが

実は大好き!だったりします。



【ラオス・ルアンパバーン】人気のメインストリート近く!おすすめ観光スポット1【カフェ・レストラン少なめ】



P1280499後



P1280494後



P1280592後


P1280555後



「それなら、ルアンパバーンに移住すればいいのに」



そんな声も聞こえてきそうですが、

ラオスはネット環境がよろしくないので

仕事にならないんですよね。


 

他にも、

ルアンパバーンは長期滞在するより

たまに行くから価値がある

個人的には思っています。

 

日本で例えるなら沖縄の八重山諸島って

なんかすごく特別感がある感じが

しますよね。

 

P1290415後

 


ルアンパバーンに関しても、

八重山諸島と似たような特別感が

大いに漂っています。

   

 

で、ここで質問なんですが・・

 


 

【Question】


仮に、そういった場所に完全移住し、その環境が当たり前になってしまったらいかがでしょうか??

 

 

 

たしかに都会の殺伐とした環境より

暮らしやすいかもですが、


完全移住すると一人旅で味わえていた

特別感が薄れてしまって

逆に面白くないと思うんですよね。


この感覚、わかる人にだけわかってほしい!



なので、

チェンマイより好きなルアンパバーンは

デザートのような存在として

今後も残しておくつもりです。

 

【男性ブログ】東南アジアをバックパッカーとして一人旅!のちにチェンマイ移住4



なお、その土地が大好きで

移住した人たちもいると思いますが、


そういった人たちのことを否定する気は

まったくないのでご安心ください。


要は自分の気持ちがすべてってこと!

 


というわけで今回のブログ記事では、


男性バックパッカーの僕が、 東南アジア一人旅を機にチェンマイへ 移住する話

 

をザックリとですが語ってみました。



このブログ記事が

現役のバックパッカーだけでなく、


今後バックパッカーとして

一人旅してみたい男性女性にとって

楽しいものになっていただけたら

嬉しく思います!




▼ こちらの記事もあわせてどうぞ!
 

 

😃おしらせ😃

 

東南アジアの子どもの笑顔をまとめた

電子書籍を出版しました。

      

・海外好き・


・写真が趣味・


癒やされたい・

 

そんな人に読んでほしい本です。

 

「とびきり笑顔な写真集 From 東南アジア

ツイッターへジャンプ!

 

 

✅人気記事

  

ェンマイの家・部屋探し


チェンマイのおすすめホテル


ローランドに影響を受けた

 
  
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
応援の1クリック、ぜひお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事