Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

タイ・チェンマイにあるNo.1カフェで新たな夢ができた!

2018
02
P1280595後



僕は去年、13年間勤めていた理容師を辞めて、
三ヶ月間の東南アジア周遊をしました。
 
 
旅の一番の目的は、
現地の子どもの笑顔を撮る夢を叶えるためでした。
 
観光スポットはそこまで興味はなかったけど、
唯一どうしても行きたかったところがふたつあったんです。
 
 
ひとつは、
カンボジア・シェムリアップにあるアンコールワット。
 
そしてもうひとつが、タイ・チェンマイにある写真のカフェです。
 
 
「カフェ??」って思うかもですが、
このカフェには特別強い思い入れがあります。 
 
 
 
その前に、チェンマイと言えば
タイの古都としても雰囲気のある町。
 
チェンマイに行ったことがある人ならわかると思うけど、
チェンマイに来て思うのは、とにかくカフェがたくさんあるということ。
 
しかも、ちょっとしたカフェではなく、
東京のカフェ以上にオシャレなカフェがあちこちにあるんです。
 
とくに、ニマンヘミンという東京の青山・代官山にたとえられるこのエリアに
オシャレなカフェがたくさん集結しています。
 
 
さらに、ネット依存の人間としてはありがたいことに
ほぼどこのカフェに行ってもWi-Fiを使うことができて、
スピードもかなり速いんです。
 
チェンマイのWi-Fi普及率は、おそらく日本以上だと思います。
 
 
 
中でも...
チェンマイで一番人気なのがこのカフェ、DOMカフェです。
 
ニマンヘミンのシンクパークという敷地内にあるカフェで、
全面クリアの建物に巨大ネコの像が立っているのが特徴です。
 
チェンマイに来た人なら誰もが足を運ぶところで、
カフェでありながらも、ちょっとした観光スポットになっているほど。
 
この巨大ネコの横に並んで
同じポーズを決めて写真を撮る若い女性もたくさんいました。
 
 
このDOMカフェに、どうしても来てみたかったんです。
 
もしかすると、アンコールワット以上に来てみたかった、
旅で一番気になっていた場所かもしれません。
 
僕は何年も前から日本でこのカフェに行くことを、
ずっと楽しみにしていました。
 
 
 
というのも、
僕が今のPC一台で仕事をするきっかけになった方が
このカフェで仕事をしていたんです。
 
その方は、パワートラベラーの阪口ユウキさんという方で、
うつ病で二度自殺未遂をした過去から、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった
という本で有名になった方です。
 
阪口さんが世界を飛び回っているときに、
このカフェで仕事をするその画がすごく印象的で、
自分も同じような働き方をしてこのカフェに来たいと、ずっと思っていました。
 
それで、阪口さんの働き方を知ったのをきっかけに
理容師を辞めることを決め、PC一台で仕事をする今につながっています
 
 
ちなみに、阪口さんはアフィリエイトの仕事をやっていますが、
僕は同じPC一台の仕事でも、ライターの道を選びました。
 
 
 
そんなわけで
人から見たらこのカフェは、いたって普通のカフェかもしれません
 
ただ、僕にとってこのカフェに来ることは長年の夢でもあったので、
チェンマイに着いてからすぐこのカフェに向かいました。
 
ドキドキとワクワクが続いたまま、なれない道をひたすら歩き続けました。
 
そして、やっとの思いで着いたときに撮った写真が
この一枚なんです。
 
 
このカフェが目の前に現れたとき、
 
「やっとここまで来れた」「気づいたら夢が叶ってる」
 
このふたつの感情が湧き上がりました。
 
 
ここに来るまで、ホントに長かった。
 
でも...
あれだけ憧れていたものが急に自分のリアルに変わった。
 
 
何とも言えないようなふたつの感情が
とても不思議でした。
 
 
 
僕はこのチェンマイには二週間滞在したけど、
このカフェは僕の長年の夢でもあったので、ほぼ毎日ここへ通っていました。
 
そして、二週間のチェンマイ生活を終え、
このカフェを最後に離れるとき、僕にはつぎの夢ができていたんです。
 
 
「PC一台で飛び回れる状態になって、この場所にまた戻ってくる!」
 
 
この思いをむねに、今僕は自分との闘いの日々だけど、
またチェンマイに戻ることを夢見て、仕事に取り組んでいる最中です。
 
東南アジア周遊を通して、こうしてつぎの夢ができただけでも、
この長旅には十分価値はあったと思っています。
 
 
 
「PC一台で生計を立て、チェンマイに戻ってくる!」
 
 
 
そんなことは、
けっして簡単なことではないとわかっています。 
 
ただ、チェンマイを離れるときに感じたあの感覚は、
自分の中ではホンモノでした。
 
つぎ、チェンマイに来るときは旅人としてではなく、
“飛び回るライター”として、僕はこの場所へ戻ってきます。
 
 
 
新たな夢をくれた、特別なところ...
 
 
 
またあの場所へ戻るためにも、僕は絶対にあきらめない。 
 






「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)
     
      
関連記事

0 Comments

Add your comment