Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

海外へ飛び出し、常識を疑うことから始めよう!

2018
24
P1220613後



女の子にモテモテの男の子。
 
というよりも、「内側は女の子の男の子」と言った方が適切かもしれない。 
  
 
 
東南アジアへ行くと、性に対してわりとオープン。
 
日本では男性は男性らしく、
女性は女性らしくしなければならないという雰囲気がある。
 
それが、東南アジアへ行くと
そんな日本の常識はどこかへ行き、
外見にとらわれず、内側の性別をもとにみんな堂々と生きている。
  
 
僕は女性の友達で、どちらの性別も恋愛対象という友達がいるけど、
その友達がいるからか、LGBTに対しての偏見はとくにありません。
 
東南アジアを旅する中、
ここフィリピン・セブ島もわりとそういった人たちは多かったけど、
タイ・バンコクへ入ったら、さらにそれが当たり前の世界でした。
 
でも、日本ではまだまだ理解されない世界でもあるから、
バンコクへ行ったときには、その世界が普通に堂々と存在しているのが
何だか不思議でもありました。
 
  
 
僕は見た目も内側も男性そのものなので、
LGBTのことで悩みを抱えている人の気持ちは
正直なところ詳しくはわかりません。
 
LGBTについて、僕はどうこう言える立場ではないけど、
もしこのブログを読んでいる人でそういった人がいたら
僕は言いたい。
 
 
「キミが思っているよりも、
 LGBTについてとくに気にしていない人は、結構いるんじゃないか」...と。
 
 
あまり無責任なことは言えないけど、これが僕の本心です。
 
LGBTのことにしろ、
日本という国はあくまで「普通」にこだわりすぎる国だと思う。
 
 
日本は確かにいい国。
 
仕事を失ったとしても、
変なこだわりさえなければどんなことでも食べていける
素晴らしい国。
 
ホームレスでさえも、成人病になるほどリッチな国。 
 
 
ただ...
どうでもいい「常識」や「普通」にとことんこだわる変な国でもある。
 
 
このことは、日本にいたままだと自分では中々気づきにくいこと。
 
それはやっぱり日本の外へ出てみて
いろんなものに触れ、いろんなことを経験してみて、
はじめてそのことがよくわかる。 
 
世界トップクラスの恵まれた国ではあるんだけど、
変な常識や普通にとらわれすぎている、変わりものの国なんです。
 
 
昨日書いた夢に関する記事だって、
なんで日本ではアクションを起こせない人が多いかと言ったら、
日本って変なこだわりで固められた世界だから、その世界にいながら
一歩踏み出すことに、抵抗感をすごく持ってしまうんだと思う。
 
 
 
日本という国そのものは、すぐには変わることはありません。
 
でも、自分で一度自国を離れてみて
外から日本について考えてみると、これまでにはなかった思いが
こみ上げてくるはず。
 
 
LGBTのことにしろ、東南アジアをはじめもっといろんな土地に足を運んで、
実際自分の目で見て確かめて、それは決して非常識なんかじゃないということを
カラダを張って感じてみないと、理解はそう深まらないかもしれない。
 
その意味でも、旅って単なる遊びなんかではなく、
生きる上での大切なことをカラダを張って学べる
素晴らしい課外授業だと思う。
  
 
 
このブログを通して、
もっといろんな人が海外へ飛び出してくれたらいいなぁ...
そんなことを思ったりしています。





せっかくなので、今までやったことのないことを海外でやってみよう!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment