Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

自分のアイテムを決め海外へ飛び出し、とことん楽しもう!

2018
18
P1250132後



顔、顔、顔...
とにかく顔のオンパレード。
 
 
これは、フィリピン・セブ島の
ある小さな学校におじゃましたときの写真。
 
セブ島には大きめの学校と小さな学校があるけど、
小さな学校に関しては、わりとアポなしでも学校に入れてもらえたりもする。
 
僕が東南アジアを周遊する中でやってきた学校訪問は、
すべてアポなしでやっています。
 
 
 
セブ島に関しては、学校に簡単におじゃまできたので
いい思い出をたくさん作ることができた。
 
ただ、同じフィリピンでも
島が変われば学校の見学だけはOKをもらえても、
子どもたちの写真を撮るのはNGというところもたくさんありました。
 
セブ島から少し離れ、
ギマラス島という島へ行ったときは、10校近くの学校にアタックしたうち
わずか2校しか写真の許可は降りませんでした。
 
 
 
まあ、ギマラス島のことはまた別の機会に話しますが、
アポなしで学校訪問するからには、まずは授業中の先生に声をかけて
一旦授業を中断してもらう必要があります。
 
セブ島の小さな学校であれば
先生が大抵ノリがいいのですぐさま写真のOKがもらえ、
みんなの前で軽く自己紹介をしてから、ほんのわずかの撮影タイムとなる。
 
さっきまで真剣に黒板の文字をノートにとっていた子どもたちだったけど、
何かがはじけたのか、みんな身を乗り出して僕の撮影に協力してくれました。
 

先生も...
 
「この子たちったらしょうがないわね~」
 
と言わんばかりの顔で、
僕が撮影している間、子どもたちをしばらく見守っていました。
 
 

ちなみに僕なんですけど、
海外ではこんなことをやっていますが、日本では地味なキャラなんです。
 
あまりパッとしたことは、普段やっていません。 
 
ただ、どういうわけか
海外の雰囲気に触れていると気持ちが大きくなり、
さらにカメラを手にしていると、無茶する自分が表に現れるんです。
 
だから、帰国してからこうやって撮りためた写真を眺めていると、
何だか別の人間がやったような感覚を覚えるほどです。
 

ホント、自分でも不思議に思っています。
 
みなさんもそういうことって、ありませんか??
 

できればこのときの自分の状態が
段もずっと続いてくれれば面白いんだろうけど、
人って、ちょっとしたきっかけさえあれば変われるんです。
 
 
 
僕の場合だと、海外に自分を移動させてあげること。
 
そして、大好きなカメラとともにしていること。
 

このふたつで、自分を大きく変えることができます。
 
 
もし、「自分を変えたい!」っていう強い思いがある人がいたら、
自分の居場所を日本から海外に変えるのも、ひとつの方法だと思う。
 
それは、短期的に一人旅するんでもいいし、
仕事を辞めてとことん海外を旅するんでもいい。
 
 
あとは、自分ならではの武器をひとつでもいいから決めて、
それにとことんこだわってみること。
 
ギターでも、絵かき道具でも、サッカーボールでも
何でもかまわない。
 

自分を移すことと、自分のアイテムを持つことで、
変えようと思っても中々変えられなかった自分を
大きく変えられるかもしれない。
 

人によっては...
 
「今までの苦労は何だったんだろう?」
 
っていうくらい、
まるで別人のように変わってしまう人も出てくると思う。
 
 
 
自分を変えたいっていう気持ちがあるのは
すごくいいこと。
 
ただ、いくらやっても変わらない場合は、
それはもしかすると、今までのやり方が間違っているのかもしれない。
  
それだったら、今までのやり方を思いっきり変えるしかない。
 
 
 
自分を別の場所へ移してあげること、
そして、自分のアイテムを決めてとことんこだわってみること。
 

そのふたつがもしかすると、
自分を大きく変えるきっかけになるかもしれません。





落ち込んでいるときは迷わずセブ島を旅してみよう!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment