Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

竹富島で仲間と過ごしながら改めて感じたこと

2018
15
P1290472後



竹富島で出会った仲間たちと見た、アイヤル浜の朝焼け。
 
 
竹富には一泊したけど
宿に泊まっていた仲間に恵まれたからか、
楽しい島ライフをともに過ごすことができた。
 
夜は仲間たちとともに、ビーチに寝っ転がりながら満天の星空を眺めたり、
つぎの日にはみんなで早起きして、太陽が昇る前に浜まで行き、
何とも言えないような朝焼けを目にすることができた。
 
 
 
僕は基本ひとりで過ごすのが好きなので、
東南アジアを周遊していた頃は、できるだけひとりの時間が確保できるように、
ドミトリーではなく個室のホテルに泊まることが多かった。
 
けど、東南アジア周遊を終え八重山諸島に入ってからは
宿代が急激に高くなったので、完全な個室が取りにくくなった。
 
でも、結果的にこれがよかったのか、
竹富では年齢問わず仲間と触れあう機会がたくさんあり、
楽しい思い出をつくることができました。
 
 
このときも、朝焼けはとくに興味はなかったけど、
リーダー的存在の仲間が誘ってくれたので、付き合いで何となしに行ってみたところ、
写真のような素敵なヒトトキをみんなで過ごすことができた。
 
 
 
僕は23才の頃から10年以上一人旅をし続けているけど、
これまでの経験上、どの宿を選ぶかで旅の面白さはまったく変わってくると
思っています。
 
人によっては泊まる場所にあまりこだわらず、
その代わり違う部分にお金をたくさん投資する人もいるかもしれない。
 
けど、もしそういった人がいたら
つぎ旅するときには泊まる宿を真剣に選んでみてほしい。
 
 
僕個人の意見としては、
宿選びで旅の面白さは80%決まってくると思っています。
 
 
 
どこを旅するかももちろん大事なこと。
 
けど、泊まる宿をどこにするかは、
場合によっては旅先を決めること以上に重要ポイントだったりもする。
 
だから、これまで宿にこだわりを持たずに旅している人がいたら、
宿選びにも少し力を入れてみてほしい。
 
 
ひょっとすると、
その宿だからこそ出会える自分もいるかもしれない。
 
その自分になれたからこそ、
これからの人生がまったく違うものになるかもしれない。
 
 
たかが寝る場所って思う人もいるかもだけど、
そこにもこだわるようになったら、今まで以上に旅が面白くなるんじゃないか...
僕はそう思っています。
 
 
 
宿はたかが寝るためだけの場所なんかじゃない。
 
自分の旅を、
そして自分の人生をより豊かにしてくれる秘密基地でもある。
 
 
そんな秘密基地を見つけてみること。
 
 
さあ...
つぎの旅ではちょっくら雰囲気変えて、宿選びしてみない?







「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)
     
      
関連記事

0 Comments

Add your comment