Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

レタッチすることは最大の恩返しになる

2018
12
P1240283後



写真を撮ったあと必ずやることで、写真のレタッチがある。

もちろん、そのままでも十分きれいな形で残せるけど、
撮った人間の魅力をさらに引き出したい場合、レタッチはなくてはならない作業でもある。
 
 
レタッチにかける時間は、
僕の場合だと写真一枚につき、30分から1時間以内で仕上げるようにしています。
 
ちなみにこの写真だと、かかった時間は45分くらい。
 
僕の写真は一眼レフで撮ったわけではなく
すべて普通のデジカメで撮っているので、一眼レフで撮ったような仕上がりに
なるよう時間をかけながらレタッチしています。
 

 
今まではレタッチまでやっていると、時間もかかるし面倒臭い部分もあったけど、
せっかく撮ったものなので、さらに良い状態で外に発信したいという思いから、
独学で学びながらレタッチに力を入れるようになりました。
 
ちなみにフォトショップは使わずに、
オンライン上でタダで作業が行えるサイトを使い、レタッチを楽しんでいます。
 

このレタッチをやるだけで、
写真を見てくれる方の感じ方が、まったく違うものになってくるんです。
 
さらに、自分が撮った写真に
より愛着が持てるようにもなってきます。
 

たんに子どもを撮るだけじゃなく、
レタッチで最後までその子の魅力を引き出してあげること...
それが、撮らせてもらった自分にできる最大の恩返しだと思う。
 
僕は写真家でも何でもないけど、そこまでこだわる努力はPCの世界を飛びこえて
人のハートに何か残すことができるんじゃないか...
そんな風に思っています。
 
 
 
出逢った子どもとの感動が写真を見た方にそのまま届くよう、
レタッチは僕にとって、欠かせないアクションです。







【 人気の記事ベスト3!】 


 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment