Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

国が大きく変わる前に、会うべき人に会うということ

2018
09
P12003277後2



東南アジアでよく目にする姿と言えば、大きな荷物を頭の上に乗せているこの姿。
 

ミャンマー・ダラを歩いていると、
頭に荷物を抱えた女の子ふたり組がやってきたので、
写真を一枚撮っていいか聞いてみると、何とかOKしてくれた。
 
荷物が重かったのか、仕事が忙しかったのかはわからないけど、
女の子たちの表情にちょっと余裕がない感じ。
 
とびっきりの笑顔を撮る目的で旅をしているから、できれば笑ってほしかったけど、
今回はちょっと厳しかったみたい。
 
 

というのも
ミャンマーの女の子って、どちらかというと少しシャイなイメージがある。
 
日本人からすれば、ミャンマーってあまり馴染みがない国でもあるけど、
馴染みがない国だと子どもが純粋そのものか、それとも極端に人見知りが激しいかの
どちらかに分かれる傾向がある。
 
ミャンマー...
とくにダラに関しては、女の子はシャイな子が多い感じがしました。
 
 
それは、旅前から調べていて何となくわかってて、
笑顔写真が撮れるかどうか、不安になりながらもダラを旅していました。
 
ただ、この女の子たちはシャイな雰囲気があったけど、
小さな子どもたちは元気そのもので、ヤンチャな雰囲気があった。
 
このときはまだ旅の経験が浅かったからか、
笑顔にさせられない自分を少しせめていた部分もあったけど、
今では笑顔に限らず、その子らしさが撮れればOKとしています。
 


このダラという地区は、ガイドブックやネット上にほとんど情報がない場所だから、
一人オドオドしながら散策したキオクがある。
 
でも、ダラはツーリストがほとんど来ない場所なので、
ミャンマーらしさを存分に楽しめるところだと思う。
 
ミャンマーはこれから急成長すると言われているから、
もし今のミャンマーらしさを感じたい人は、早めにミャンマーを旅しておいた方が
いいかもしれません。
 
 
僕がこの写真を撮った二年前のミャンマーでは、
日本人に会うことはほとんどありませんでした。
 
ただ、これからミャンマーという国が勢いづいてきたら、
日本からのツーリストも増えるだろうから、
今のミャンマーをありのまま感じたい人は、今がベストです。
 
それに、
ツーリストが増えるということは、残念ながら悪知恵が働く人も増えるだろうから、
ミャンマーの純粋な部分を感じられる今こそ、まさにタビドキ。
 

 
この女の子たちも二年前はこんな感じだったけど、
今は正直どうなっているかわからないし、これからの彼女たちの純粋さは
さらにどうなっているかわからない。
 
だから、国が大きく変わる前に今のミャンマー人と触れあうことは、
すごく価値のあること。
 
 
 
もし、ピンときてる人がいたら
それは会うべき人に会うタイミングが、“今”なのかもしれません。





2018年の今なら、ミャンマーの人たちはまだまだ純粋そのものです!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment