Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

ミャンマー・ダラで出会ったクールな印象の女の子

2018
04
P1200337後



ミャンマーのダラという地域で
辺り一帯が野原になっているところを歩いていると、
向こうから二人組の子どもがやってきた。
 
そのうち、お姉ちゃんらしき女の子に写真を撮っていいか聞いてみると、
ウンと軽くうなづいてくれて、二人の写真を撮ることになった。
 
 
 
時間的に、ちょうど太陽の光が逆光になっていて、
さっきまで元気のなかった周りの野原が、きれいな黄金色に輝いてくれた。
 
そして、
二人の後ろからも太陽の光がしっかりと当てられていた。
 
とくにお姉ちゃんのその様が、子どもながらにもやたらクールに思えて、
僕がシャッターを切るまで、彼女は力強い視線で僕のカメラを見続けてくれた。
 

ミャンマーの子どもって基本英語は喋れないので、
写真を撮り終わると何か話すわけでもなく、そのままどこかへ行ってしまった。
 

 
子どもって、
無邪気な子どもか恥ずかしがり屋の子どもの二手に大体別れるけど、
ごくたまに、大人のようなカッコよさを持つ子どもと出会うことがある。
 

彼女もそのひとり。
 

その力強い目で自分はどう見られていたのか、
彼女がどこかへ行ってしまった後も、しばらく気になっている自分がいた。
 
あの姿が彼女の自然な姿なのか、
それとも、外国人の自分に違和感を感じてその姿になっていたのか...
正直なことはわからない。
 
ただ、この写真一枚には
彼女そのものが出ていることは間違いない。
 
 
もしかすると、友達や家族の前での彼女は少し違うのかもしれない。
 
けど、たとえ彼女がそうであったとしても、
僕が出会った彼女はクールそのものの彼女だった。
 
彼女が黄金色に輝く野原に交わる様がたまらなくカッコよく、
なんだかすごい人に出会ったかのような感覚にもなった。
 


彼女の中では、
僕のことなんかとうに忘れているかもしれない。
 
でも、僕の中では彼女と出会ったことを忘れられない自分がいる。
 
あの日は雲ひとつない天気でやたら暑かったキオクがあるけど、
彼女の視線を浴びている間は、
不思議と暑さなんて気にならなくなっていたほどだった。
 
 
もう彼女に出会うことはないかもだけど、
僕と彼女の人生がまじわったあの日のことは、しっかり胸の奥にしまっておくつもり。
 
ただ、もしこの先また会うようなことがあったなら、
今度は頑張って彼女とコミュニケーションをとってみよう...
そんなことを考えている自分がここにいます。





一方、こんな素敵な笑顔に出会えるのもダラなんです!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment