Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

「出会いと別れ」の連続を受け入れる強さを身につけるということ

2018
03
P1280291後



カンボジアって聞くと、
日本人からはあまりいいイメージが持たれない傾向がある。

でも、カンボジアに実際行ったことがある人って、
一体どれくらいいるだろうか?
 
 
首都プノンペンには行ったことはないけど、
ここシェムリアップは比較的治安がいい町。
 
二週間近くシェムリアップで生活してみたけど、
この二週間、危ないなぁと感じたことは一度もありませんでした。
 
むしろ、このシェムリアップでは出会いに恵まれたからか、
クメール人(カンボジア人)の友達がたくさんできて、
忘れられない思い出を残すことができました。
 
 
この写真を撮ったのも
仲良くなったクメール人のお宅に招待されたときだったけど、
そのとき優しく僕に接してくれたのを覚えています。
 
出会ったばかりの自分になんでここまで優しくしてくれるのか、
不思議になるほどでした。
 
 
 
はじめは、カンボジアに出会いなんて期待してなかったけど、
シェムリアップに滞在した二週間、いい思い出だけを作ることができた。
 
確かに...
出会って間もない現地人のお宅にお邪魔するのは、はじめは抵抗あったけど、
それでもクメール人の友達は、ぎこちない様子の僕に対し
あたたかく接してくれました。
 
 
そもそも、日本人ひとりで現地人のお宅にお邪魔するのって
結構怖いものがある。
 
 
「集団でおそわれたらどうしよう」
 
「金をすべて持っていかれたらどうしよう」
 

とか。
 

でも、実際そんなことはまったくなく、
最後まで彼らは僕に対し、最高のおもてなしをしてくれました。


そんな風にされると、
疑ってしまった自分がすごく嫌になることもあった。 
 
自分って小さい人間だなぁって、感じることもあった。
 
けど、海外を一人で旅するってそういうことだから、
自分の小ささを感じながらも、何とか旅を楽しむことができた。
 
 

僕が他の旅人を見て、すごいなぁって思うことがあります。
 
それは、一人でいろんな国へ行っているとか
そういうことではありません。
 
じゃあ何かというと、
よく出会いと別れの連続にたえられるなぁと。
 
僕が東南アジアを周遊していたとき、
このことが一番辛かった。
 

せっかく現地で仲良くなれたのに、
その友達と別れ、新しい土地へ移動する。
 
その土地で再び新たな出会いがあって、
仲良くなれたと思ったら旅を続けるために、また別れを告げなければならない。
 
旅の途中からこのことがすごく辛く感じてしまって、
旅するのが少し嫌になったこともありました。
 
 
一生会えなくなるわけではないけど、とくに現地の友達なんかは
ここで別れたら、なんかもうしばらく会えなくなるような気がして、
新しい土地へ踏み出すのが苦痛に感じるほどだった。
 
だから、他の旅人がたんたんと国を変えながら旅を続けているのが
自分にはできないことだったから、
そんな旅人のことをすごいなぁと、心の底から思っていました。
 
 
 
東南アジアを周遊する中、僕の一番の課題って...
 
「子どものとびっきりの笑顔をたくさん撮ること」ではなく、


じつは...
 
「出会いと別れの連続を受け入れる強さを身につけること」
 
それが本当の課題だったのかもしれない。
 
 
この課題は、
旅に出る前まではまったく頭の中になかったこと。
 
旅に出てから、この課題が急に自分のもとへやってきて、
課題を乗り越えることが試練みたくなっていた。
 
でも、旅を終えた今だから言えるのは、
あの試練を経験できてホントよかったなぁと思っています。
 
 
 
大切な人とともに、
楽しいヒトトキを過ごすのももちろん大事なこと。
 
ただ、新しい自分を掴むためには
いつまでも同じところにいる自分を手放し、前へ前へ進み続けることが大事。
 
この旅を通して、強く感じることができました。 
 
 
 
今は仲良くなった現地の友達とは、ネットを通じてやりとりしています。
 
ときに、向こうの友達の中で
自分の存在が小さくなっていないか不安になることもある。
 
けど、あのとき撮った写真を眺めながら、
また彼らに会うことを夢見て頑張れる自分がいるのも事実。
 
 
仮に、向こうの友達が僕に会いたくても、
彼らから日本へ遊びにくるなんてことは、ものすごくハードルが高いこと。
 
だから、自分があの場所へ行って、
彼らとまた笑いあえるよう日本でひたすら頑張るのみ。
 
 
 
この写真の子どもたちとも、
年齢なんて飛びこえて、体力がつきるまでまた遊びたい。
 
カッコつけた大人な日本人の自分なんて、どこかに捨て去って、
めいっぱい笑いあっていたい。
 
 
いろんなことをやれるようになるためにも、
目の前にある道をただまっすぐ走り続ける...
それが、今ここにいる自分が何よりも大切にしたいこと。
  
 
 
自分らしく、そしてまっすぐに、僕は走り続けてみせる。





出逢いがたくさんあるセブ島は一人旅にはおすすめですよ! 
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment