Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

ナンバーワンはキミ、セブ島だ!笑いをフルに活かすセブ島スタイル

2018
28
フィリピンさいご3後



僕は...
 
「とびっきりの笑顔を撮る!」
 
という夢を叶えるため、これまで写真を撮り続けてきました。 
 
 
ここへ来るまでたくさんの写真を撮ったのですが、
中でもこの写真は「とびっきり」という言葉が一番あっている写真かもしれません。
 
 
 
この写真はフィリピンのセブ島で撮ったんですけど、
セブ島の子どもたちはとにかく感情表現が豊かなのが魅力。
 
人間には「喜怒哀楽」の感情がある中、
ここセブ島では「喜」と「楽」の感情がずば抜けているんです。
 
まるで、セブ島の人たちは怒りや悲しみを知らないかのように、
はじめましてのこんな僕にもこっちまで心が踊るような表情を見せてくれます。
 
 
日本人って、ある程度距離が近くならないと
相手に心を開かない傾向があるけど、
セブ島では誰でも構わず常に心をオープンにしている。  
 
僕はどちらかというと内気な方なんですけど、
彼らと触れあっているとそんな自分がどこかへ行ってしまい、
心をオープンにして彼らと同じように声をあげて笑う自分になれます。 
 
 
「人は、付き合う人によって変わる」
  
 
なんていう言葉があるけど、それってホントなのかもしれない。
 
 
 
日本では、あまり大きなことをやらない自分でも、
セブ島で彼らとともに過ごしているとなんだか何でもやれそうな気がしてきて、
普段とは違った自分を楽しみたくもなる。 
 
そんなもうひとりの自分に変身できるのが
ここセブ島なんです。
 
 
「とびっきりの笑顔を撮る!」という夢を最初にスタートさせたのも
セブ島だったのですが、あのときの感覚が忘れられなく
あれから何度もセブ島に足を運んでいます。 
 

 
そんなセブ島を旅している中
あるフィリピン人と話をする機会があり、
ふと、こんなことを言われました。
 
 
「日本人は、なんで嫌なことがあったとき暗い顔をするんだ?」
 
「セブ島では嫌なことがあったら、いつもよりたくさん笑うんだ」
 
 
この言葉を聞いたとき、
僕の中で何かがはじけたのを今でもよく覚えています。
 
 
フィリピン・セブ島では、「笑い」を最大の武器として
みんなとことん人生を楽しんでいる。

子どもも大人も関係なく、とにかくよく笑う。 
 
その生き方を大事にし続けながら生きているという事実に、 
いい意味でショックを受けました。
 
 
 
日本にも...
 
「笑う門には福来たる」
 
という昔からの言葉があるけど、
セブ島のみんなで笑いを楽しんでいる姿がナチュラルそのもので、
それがなんだかカッコよくもあった。 
 
 
僕がはじめてのセブ島の旅を終えて
日本の生活に戻ってからも彼らの生き方がどうにもこうにも忘れられなくて、
海外ではセブ島が一番好きな場所になったほどです。
 

たかが笑い、されど笑い。
 

それを単なる人間の感情だけにとどめずに
人生にフル活用しているセブ島のスタイルが僕の憧れでもあり、
そしていつか自分もそんな風になれることを夢見ている自分が
ここにいたりもします。
 


今、僕は日本にいる。 
 
そして彼らはフィリピン・セブ島で生活している。 
 
 

たとえ距離が離れていても
僕がこうしている間いつでも笑顔をたやさずにいる...
そんな彼らの姿が目をつぶっていても、いつでも伝わってきます。





セブ島の人の魅力をもっと伝えていきたいですね!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment