Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

あえてキミから離れ、遠くから「ありがとう」を伝える!

2018
26
P1200239後



空き地で大きな木(キミ)を見つければ、
子どもたちにとってはそれが遊び道具になる。
 
大人になったらキミにのぼって遊ぶなんて発想はなくなるけど、
子どもたちからすれば、たとえ何気ない一本のキミでも
ワクワクアイテムへと切り替わる。 
 
 
日本の子どもも、昔はキミにのぼって遊ぶことが多かったけど、
今ではキミから離れ、違った遊びに夢中になる子どもであふれている。
 
 
 
心なしか、なんだかキミが少し寂しげに見えてしまうのは
なぜだろうか。
 
たしかにキミからすれば、人間にのぼられるなんて、 
迷惑でしかなかったかもしれない。 
 
だから、子どもにのぼられることがなくなってからは、
いっとき安心感を覚えていたこともあったはず。 
 
でも、子どもとの距離が徐々に遠くなっているその事実を
少し残念に感じているキミの気持ちも、なんとなく伝わってくる。
 
 
 
昔だったら、子どもたちとあんなに身近ですごせたのに、
今ではキミから子どもは離れ、しだいにあの頃の出来事も
まるで遠い過去の出来事のようにもなっている。
   
 
ただ、キミには申しわけないけど...
それが彼らの成長の証なのさ。
 
彼らはまた一回り違った世界を見にいくために、
大好きだったキミからあえて距離を置いたんだ。 
 
 
でも、キミととともにすごした思い出は
いつまでも彼らの胸の中にある。
 
それだけは、けっして嘘なんかじゃない。
 
 
 
キミは気づいてないかもしれないけど、
子どもたちは遠くから、いつでもキミのことを見守っている。
 
それは、彼らが小さかった頃キミが一緒に遊んでくれたから、
「ありがとう」の意味もこめて、遠くからいつでもキミのことを見守っているんだ。
 
言葉にはしてないけど、
それが彼らなりの精一杯の恩返しなのさ。
 
 
とびっきりの感謝、「ありがとう」の思いをのせて。
 
 
だから、そんな彼らが立派に成長できるよう
遠くからずっと見守ってあげること...

それが、これからのキミの役目だ。





弟からの「ありがとう」を待っている姉の話を書いてみたのであわせてどうぞ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment