Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

子どもの頃できていた、自分を信頼するということ

2018
20
P1220669後



夢に向かって生きることが許された国でもある日本。
 
自分の気持ちしだいで、どんな夢でもたいてい叶えることができる
恵まれた国でもある。 
 
 
一方、世界には夢を持つという概念自体がない国や、
夢があっても叶えることが厳しいとされる国もある。 
 
そう考えると、日本にいながら夢に走れていないなんて、
ちょっともったいないって思ったりします。
 
 
実力がないから、夢に走れないでいるの?
 
自分に自信がついたら、ホントに夢に向かうつもり?
 
 
夢を追えない理由って、結局はいつも自分の都合のいいように
テキトーな理由をつけて、夢を叶えられない今の自分を
正当化しているだけにすぎない。
 
 
子どもの頃って、実力があったから夢を思い描いたのか?
 
夢を叶えられる自信があったら、胸を張って夢を語っていたのか?
 
 
そんなことはないはず。
 
 
あの頃は、
 
「やりたいからやる!」「なりたいからなる!」
 
そういったシンプルな思いをもとに、夢に生きることを誰もが楽しんでいた。
 
 
 
夢に生きるために欠かせないこと...
それは、自分を信頼すること。
 
これができないと、
何かあるたびに自分の夢が消えかかってしまう。
 
 
大人になると、国の世間体や常識が大事とされ、
基準を自分から国に合わせることに必死になる人がほとんど。
 
これって、日本という国では生活しやすくなるだろうけど、
自分の物語を生きるのがしんどくなってしまう恐れがある。
  
 
国の常識や世間体ばかり気にしていると、
子どもの頃に自然とできていた「自分を信頼する」ということが
徐々にできなくなってくる。
 
なので、たとえ夢があったとしても
自分よりも国のやり方を信頼してしまい、
夢があっても追えない自分になってしまうんです。
 
   
 
でも、よく考えてほしい。
 
 
 
子どもの頃はみんな、自分をちゃんと信頼できていた。
 
それが、いつの間にか自分を信頼することが
できなくなっているだけなんだ。 
 
だから、自分を信頼するというあの頃の気持ちを
よ~く思い出すことが大事。 
 
 
みんな、自分軸で動いていたよね?
 
世間体とか常識とか、いちいち考えていなかったよね?
 
 
 
自分を信頼することって、
夢を追うためにはそれだけ重要なアクションなんだ。 
 
 
実力が必要?
 
そんなもの、あとからついてくる。
 

自信が必要?
 
アクション起こすのに、自信があるかなんてどうだっていい。
   
  
 
「自分を信頼する」
 
 
 
あの頃自然とできたこのアクションを、
今の自分が再びやってみることをまずは許してあげてごらん。 
 
すると、時間はかかるかもだけど、
あの頃の自分の感覚がよみがえってくるから。 
 
そう...
夢に向かう楽しさを日々感じていたあの頃の感覚。
 
 
自分を信頼できるようになると、
今の位置から先へ進むのがだいぶ楽になる。 
 
もっと自分の枠を飛び出て、超スピードで走ることだってできる。 
 
夢に向かえる人は、いつだって自分をとにかく信頼し続けているんだ。
 
 
 
誰よりも自分をめいっぱい信頼してあげること...
そろそろはじめてみませんか?





「好き」にしたがってアクション起こすと努力感なく突き進めますよ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment