Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

今が苦痛?中途半端を捨ててマジなオトナになってみよう!

2018
26
P1200629後




「子どもの頃は、自由気ままにやれて楽しかったな~」


そんな風に思っている人もいるんじゃないでしょうか。


たしかに、あの頃は周りの目を気にせず
誰もが生き生きしていましたよね。



それと、組織で長く働くオトナがよく口にする、

「社会に出たら苦労が耐えないから、学生のうちにたくさん遊んでおけ!」

なんていうセリフがありますよね。


というか、社会人ってホントにつまらないことばかりなんでしょうか?

そんなことはないはず。


それは、つまらないと決めつけてしまうから
実際につまらなくなるわけなんです。



ちなみに、社会人に対して行ったある調査によると、
調査した人数のうち6%しか仕事を楽しんでいないとのこと。

残りの94%は、
今の仕事に苦痛を感じながら働いているみたいです。

これは、少し異常とも言える数字で
日本人は自分の働き方を真剣に考える必要があることを意味します。


げんに、世界トップクラスの先進国にもかかわらず
日本は自殺率がかなり高いことでも有名ですよね。



そもそも仕事って、つまらないものではありません。

自分の働き方が間違っているせいで、
つまらないという思い込みができているだけなんです。


仕事に対して違和感を感じているなら、
できるだけ早くつぎの仕事に移るべきです。

転職すれば、今までつまらないと思い込んでいた感覚が
途端に変わることだってあります。

要は、自分の人生にホンキで向き合えるかが
何よりも重要なんです。


ホンキの人は、やりながら違うと感じればまた別のアクションをとるし、
満足できるものに当たればそれに向けてさらに注力します。

はたから見れば、
まるでゲームをするかのように遊びながら働いているわけなんです。

 

というわけで、
子どもの頃だけが楽しい人生ではありません。

大人になってからもプライベートや仕事問わず、
いくらでも楽しみを生み出すことができます。


ホント、自分の気持ち次第なんですよ。


中途半端を捨ててホンキになってみれば、
遊ぶような人生を送ることもけっして夢ではありません。



マジなオトナで生きること、そろそろ始めませんか?





 
フリーランスや起業を夢見ている人にちょっとしたアドバイスです!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment