Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

過小評価してません?セブ島は出会いの連続が魅力の場所なんです

2018
24
P1260460後




フィリピン・セブ島を離れるときに開いてもらった
僕のお別れパーティーの写真。

この写真には僕含め6人しか写っていませんが、
他のメンバーもあわせると、計10人で船上でのお別れパーティーが行われました。


ちなみに、セブ島と言っても小さな離島が数々あるので、
船を借りて島をめぐる“アイランドホッピング”をするのが
セブ島での楽しみでもあるんですね。

それで、僕がつぎのカンボジアに向かう前に
アイランドホッピングをしながらのお別れパーティーを
仲良くなったフィリピン人が企画してくれました。



セブ島では、ホントいい思い出ばかりつくることができたんですけど、
あるあやしそうなバイクタクシードライバーのおっちゃんが
道端で話しかけてきたのをきっかけに、面白いことが数々起こったんですね。

おっちゃんの娘の誕生日パーティーに呼ばれたと思ったら、
今度はおっちゃんのお父さんの誕生日パーティーに呼ばれるという。

さらに、僕のことを気に入ってくれたみたいで、
仲良くなったメンバーを集め、最後にお別れパーティーまで開いてくれるという。

いろんな出来事が続いたからか
セブ島ではたくさんの友人や仲間ができ、一人旅で来たにもかかわらず
一人でいる感覚はほとんどありませんでした。


この写真を眺めていると、当時のキオクが蘇ってきてヤバイです(笑)

(ブルーハーツの「青空」を聴いてたら余計にきますね...)




東南アジア周遊で最初に降り立ったのがフィリピン・セブ島だったのですが、
いきなりいい人ばかり出会うことができました

なので、つぎのカンボジアに向かうときは
気持ち的にホントに辛かったですね。


それでも、旅ってネットやガイドブックでいくら調べても
けっして書かれていないことがたくさん待っているので、
素敵だなぁと思います



この写真を撮ったあと、

「日本に帰って写真を見返したとき、遠い昔のように感じるんだろうな~」

と思っていたのですが、まさにその通りでした。


そこまでときは経っていないはずなのに、
文字通り、遠い昔の出来事のように思います。



あの頃にはもう戻れないけど、
セブ島に行けばともに笑いあえるたくさんの仲間がいるのは事実。


だからこそ、

「また会う日まで日本でもっともっと成長してやろう!」

そんなことを、今日、改めて思いました。






  「フィリピン」だからとセブ島を甘く考えないでほしいです!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment