Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

帰国地を“石垣島”にして、旅の充実度をグッと上げてみよう!

2018
09
P1290292後



去年、東南アジアを三ヶ月にわたって周遊したあと、
石垣島に帰国したときの写真。
 
 
 
海外を長旅している人は旅を終えるため
いつかは日本に帰るわけですが、
ほとんどの人が成田空港や関西空港など、自宅から近い空港へ向かうと思う。
 
それももちろんひとつの方法ですが、
あえて石垣島を帰国地にするのも個人的におすすめ。
 
とくに、東回りで旅している世界一周者におすすめなのは、
タイ・バンコクから香港経由で石垣島着にするのがベストですね。
 

僕ははじめから東南アジア周遊とつなげて八重山周遊を計画していたのですが、
最後にいたバンコクから石垣島へ向かうのに、香港を経由する便が安かったんですね。
 
そんなこともあり、香港は予定には入れていなかったんですけど、
香港もせっかくなので少し観光してから石垣島へ向かいました。
 
 
 
そもそも、なんであえて帰国地を石垣島にした方がいいかというと、
自宅にそのまま帰ってしまうと、日本の現実世界に感覚がすぐに戻されると思うんですね。
 
なので、日本と海外の中間のような存在の八重山諸島を帰国地にすると、
日本へ帰ってきたにもかかわらず、日本へ旅しに来ている感覚になれて新鮮なんですよ。
 
これは、旅人それぞれ好みが分かれるかと思いますが、
日本を新鮮な感覚で楽しみたい方は、帰宅前に八重山周遊もあわせて旅すると面白いと思う。
 

ただ、ほとんどの世界一周者は西回りだと思うので、
西回りの人だと一度成田か関空を挟むことになると思うんです。
 
それでも、石垣島に帰国するのがいいと思うのは、
新鮮な感覚になれるだけでなく、八重山って旅好きな人が年中集まっているので
離島めぐりのときに宿で海外の旅話をすると、結構興味を持たれるんですよ。
 
なので、海外を長旅した感覚のまま八重山を旅すると、
日本国内の旅好きな人とより良い関係になれる気がします。
 

 
そんなわけで、海外の長旅からそのまま自宅に戻るのもアリですが、
石垣島を帰国地にして八重山周遊にシフトすると
新鮮な感覚で“日本”という国を楽しめ、さらに旅の充実度がグッと高まるので、
旅の楽しみ方のひとつとして知っておいて損はないと思います。
 




八重山と言えば、波照間ブルーを見ずに旅は終われません!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment