Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

旅する前からその国の人たちを決めつけている癖、ないですか?

2018
28
P1220680後



「○○人は、▲▲だ!」
 
よく、それぞれの人種をひとつの言葉で言い表すことがある。
 
 
日本人の場合、「シャイ」と言われることがあるけど、
たしかに他の人種と比べるとおとなしい傾向がある。
 
ただ、日本人と言っても県により性格が変わってくるのも事実。
 
 
東京であれば基本よそ者に対して冷たいイメージがあったり、
大阪であればノリがいいイメージがあったり。
 
さらに沖縄まで行けば、
人がいい意味でテキトーかつゆるいイメージあったりするもの。 
 
 
 
一方、フィリピン人と言ったら
日本人はどんなイメージを持つだろうか?
 
ほとんどの人が、なんとなく危険なイメージを持つと思う。 
 
僕も、フィリピンを旅する前はそんな感じでした。
 
でも、実際フィリピン・セブ島を旅してから、
その間違ったイメージはいっきに崩れ落ちましたね。 
 
 
 
ちなみに、上の写真はフィリピン・セブ島の子どもたち。 
 
この写真を見てどう感じるだろうか?
  
セブ島で暮らす子どもって、こんな感じの子がほとんどです。 
 
元気でフレンドリーな子どもたちが、
将来もこの性格のまま大人になっていくんです。 
 
 
なので、セブ島にいるフィリピン人って
子どもも大人もめっちゃパワフルですね。
 
日本でたとえると、関西人のような雰囲気に近いかもしれません。
 
セブ島以外にもフィリピン国内にある島をいくつか旅したのですが、
たとえ同じ顔でも、やっぱりセブの人たちとはどこか違いました。
 

 
そんなわけで、「ナニ人だから○○だ!」と決めつけず、
とにかく実際旅して現地でいろんなことを体感しながら
その国の人たちを知るのが一番。
 
インド人なんかも嘘つきで性格悪いとよく言われているけど、
デリーとラダックではまったく人の性格は変わってくるはず。
 
世間で言われていることは、あくまでもひとつの参考資料としてとらえ、
もっとハートの部分で人を理解することが大切だと思う。
 
 
 
フィリピン人に対して、
テレビの情報から悪い印象を持っている人もたくさんいるかもですが、
僕がこうして撮った写真から、フィリピン・セブ島のイメージだけでも
ちょっとずつ変えていってほしいと思っています。
 
海外のいろんなところを旅してきた中、
“人”で言うならフィリピン・セブ島が僕の中でナンバーワンだったので。
 
 
僕が撮った写真やブログの言葉をとおしてセブ島が気になる人がいたら、
その気持ちのままセブへ飛んでみてください。





英語が喋れなくても、自分の武器さえ持っていれば問題なく旅できます!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment