Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

こんなカフェある!?14時間も長居ができた、沖縄本島最強のカフェ「ワンオアエイト」

2018
21
P1290583後



三ヶ月かけて東南アジア&八重山諸島を旅してから地元へ戻り、
その12日後に今度は仕事をしに沖縄本島へ。
 
そのときに利用した、
那覇市のおもろまちにあるカフェ「1or 8(ワンオアエイト)」。
 
 
名前の由来は「イチかバチか」から来てるという
そのユニークさだけでもたまらないのですが、このカフェの魅力は他にあるんです。 
 
それは、どのカフェよりも長居ができてしまうこと。
 

 
ちなみに、ワンオアエイトの営業時間は朝7時から夜10時までなんですけど、
僕が一日で最も長く利用したのは、なんと14時間!
 

14時間も長居できるカフェって聞いたことないですよね!?
 
普通のカフェだと何となく気まずくて、あり得ないですよね??
 

というのも、一階は普通のカフェになっているのですが、
二階席が自習室みたくなっているんですね。
 
もちろん、二階席でも飲食は問題なくできるんですけど、
二階席は仕事や勉強を長時間やる人向けに、静かな部屋が設けられています。
 
僕はわざわざ沖縄まで来たので、ちょっと気合いを入れて仕事をしたくて
14時間近くいたのですが、僕以外のお客で5時間近く店内で過ごしていた人も
たくさんいたような気がします。
 


このカフェがいいのは、コンセントが様々なところにあるので、
PCやスマホの充電をしたい人も安心して利用できるところ。
 
さらに、読書好きな人には嬉しいことに、
まるで本屋のように人気書籍がズラーッと揃っていること。
 
もちろん本を読むのは自由なので、
手にとって食事をしながら読むこともできます。
 
 
ワンオアエイトは、どうやらお客に長居させることを
モットーとしているみたいです。 
 
ほとんどのお客が長居目的なので、
フロア問わず何時間も店内で過ごしていても店員に変な目で見られることもなく、
ホント快適に過ごすことができました。
 
カフェの居心地の良さから、
「カフェ天国」と呼ばれるタイ・チェンマイで過ごした日々を
少し思い出しましたね。

 
沖縄本島すべてのカフェをまわったわけではないけど、
ワンオアエイトを上回る居心地バツグンのカフェはおそらくないと思います。 
 
 
 
場所は、ゆいレールの「おもろまち駅」からちょっと離れて20分くらい歩くのですが、
それでもこのカフェの居心地の良さは素晴らしかったです。
 

沖縄旅行の最中、友達同士で時間を気にせずお喋りしたくなったときや、
ノマドワーカーでコワーキングスペースみたく集中して仕事に取り組みたい場合は、
ぜひワンオアエイトへ足を運んでみてください。





環境変えると仕事のモチベーションが上がっていいですよ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment