Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

夢をつかめ!「やりたいこと100リスト」を気ままに書いてみよう

2018
15
P1220647後



「夢がわからない」「やりたいことがわからない」
 
こういったことで悩みを抱える若者はたくさんいる。
 
 
ただ、その中でどれだけの人が
ホンキになって夢探しをしたことがあるんだろうか?
 
 
 
夢を探す方法として良いと言われている「やりたいこと100リスト」。
 
今夢を叶えている人で、
実際にやってみたことがある人も結構いるはず。
 
僕も夢が見つからなかった頃「やりたいこと100リスト」を書いてみたのですが、
夢に悩んでいる人がいたら、一度だまされたと思ってやってみた方がいいと思う。 
 
 
これを聞いても、やらない人は面倒に感じてやらないと思うので、
何でやるべきなのかを軽く説明しますね。
 
 
 
どんなことでもいいので、
できる・できない関係なく自分のやりたいことを紙に書き出してみると、
大体30個くらいは誰でも書けると思います。 
 
ただ、それ以降は頭をフル回転させても出てこなくなるんですね。 
 
ここで重要なのは、
30個までは普段自覚している意識の部分で考えていること。
 
30個を超えると、頭ではなく“感じる作業”にシフトするんですよ。
 
 
すると、小さなことでも徐々に書けるようになって、
80個までは書けるようになると思います。
 
この時点でも、普段の自分では思い浮かばなかったことが
紙に書かれてあると思うのですが、あと20個となると自分と相当じっくり向き合わないと
やりたいことが出てこなくなるんですね。
 

もうここまで来ると
自分が子どもの頃から今も変わらず大事にしてきた価値観が見えてくるので、
そのまま残り20個を書いていくと、
 
「そういやオレって、昔っからこんなことを大切しながら生きてきたよな」
 
ということを書き出していると思います。
 
 
そう...
それが今までいくら考えても絶対に見えてこなかった、
自分の中にずっと眠っていた本当にやりたいことです。
 
 
 
この「やりたいこと100リスト」って、
実は昔から自分が強烈に「好き」と思っていたことが
表に出やすくなる作業だったりするんですね。
 
ちょっと難しいことを話すと、
潜在意識(無意識)を顕在意識(普段の意識)に上げる作業なんです。
 

なので、普段の頭で
 
「やりたいこと100リストやっても意味がない!」

って決めつけても、実際に紙に書き出してみないと自分で気づいていない部分が
意識化されることはありません。 
 
 
だから僕は、この「やりたいこと100リスト」はすごく価値のあることだと思うので、
やったことがない人がいたら、夢をはっきりさせるためにもやるべきだと思っています。
 
「面倒くさッ!」って思うかもだけど、
自分の人生をホンキで考えるって結局そういうことなので、
夢ややりたいことで悩んでいる人がいたら、一度やってみてほしいですね。
 


強くおすすめします。
 
 

これをやるときに重要なのは、
自分がリラックスできる環境で時間をかけながらやること。
 
 
自宅のように、誰もいない空間が落ち着く人なら自宅で。 

お気に入りのカフェが落ち着く人はそのカフェで。
 
河川敷や海が落ち着く人は自然の中で。
 

いくら自分に自信がない・行動力がないことで悩んでいる人でも、
「やりたいこと100リスト」はやるかやらないかだけの話なので、
これからの人生をホンキになるためにもぜひやってみてほしいです。
 
 
やってみて「やるんじゃなかったな~」はまずないので。
 
 
 
気づいていない自分の価値観を知れるだけでも、
この作業には十分価値があると僕は思っています。





夢に踏み出せない人に向け、踏み出すコツを書いてみたのであわせてどうぞ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment