Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

セブにあるオランゴ島で、海外の子ども写真デビューしてみよう!

2018
14
P1240375後



人物写真を撮るのが好きな人で、
海外の子どもの写真に興味を持っている人も中にはいると思う。
 
ただ、どこへ行けば安全かつ簡単に海外の子どもの写真が撮れるのか
わからない人もいるはず。
 

そこでおすすめするのが、フィリピン・セブにあるオランゴ島です。
  
 
 
オランゴ島の島内を散策していると、
現地の子どもたちが空き地や海辺などいろんなところで遊んでいます。 
 
 
たとえ英語がろくにできず
子どもたちに何て声をかければいいかわからなくても、
カメラ片手にブラブラしていると子どもたちがこうして寄ってきて、
 
「ピクチャー! ピクチャー!」
 
と写真をお願いしてくるんです。
 
 
オランゴ島の子どもはとにかく無邪気で写真を撮られたがりなので、
ナチュラルな表情を簡単に撮ることができます。
 
 
海外の子どもでも、
国によってはツーリストからお金をうばうため集団で近寄ってくることもあるけど、
オランゴ島に関してはまったくそういった子どもはいません。
 
中には、「マネー!」と言ってくる子もいるけど、
外人相手に冗談で言ってくるだけなので、こちらが「ノー!」と言えば
それ以上のことは何もしてきません。
  
  
 
日本人って、海外を旅することに“危険”という意識を持ちやすいと思う。
 
でも、実際何でも経験してみなければ真実はわかりません。
 

僕がはじめてセブ島を旅したときも、
 
フィリピンってなんか危ないイメージがあるし、セブ島も結局同じなのでは?」
 
と思っていました。

 
ただ、一度旅してこうやって現地で素敵な笑顔に出会うと、
世の中のイメージってまったく無価値に思えます。 
 

セブと言ってもセブ本島に行けば危険なエリアもあるだろうけど、
セブ島は基本、人の優しさ&フレンドリーさが魅力の島です。

とくにオランゴ島は、セブっぽさが強く現れている島ですね。
 

 
カメラさえ手にしていれば、オランゴ島の子どもたちと自動的に接触でき、
それでいて心から満足のいくとびっきりの笑顔が撮れると思います。





そんなオランゴ島で、カメラを抱えてハッピーを届けてきました!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment