Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

休憩日は大事!八重山周遊する場合、休憩日はきちんと決めよう

2018
10
P1290496後



水牛車の向こう側には緑豊かな西表島。
 
 
この写真は由布島から撮ったのですが、
由布島は離島といっても観光施設のような存在で
実際行ってみた感想は、正直「まあ…」という感じでした。
 
ただ、西表島から水牛車に乗って由布島へ渡るのがわりと面白いので、
それ目当てに由布島へ行くのもよいと思います。
 
 
西表島は島といっても面積がかなり広いので
由布島や竹富島のような離島とは少し違うけど、
こうやって島から離れてみると、緑が美しい島でした。
 
 
 
八重山周遊の際、はじめは西表島に寄るつもりはなく、
鳩間島という島に行く予定だったのですが、波の関係で船が欠航してしまい、
晴れているにもかかわらず鳩間島へ行けなかったんですね。
 
なので、たまたま船が出ていた西表島に急遽変更したというわけです。
 
八重山の旅はこうやって予想外のことが起こりやすいので、
それが悔しくもあり面白くもあります。
 

 
西表島を旅するといってもほとんど調べていなかったので、
由布島から戻ってきたあとは、バスに乗って軽く島内をまわっていました。
 
バスに乗りながら海側を眺めていると、
車内の広々とした窓全面に、コバルトブルーの海の景色を楽しむことができます。
 

西表島ではマイペースに少しまわっただけで、
あとは宿でひたすらまったりしていたような気がします。
 
 
 
僕は八重山の島にそれぞれ一泊ずつ泊まりながら旅をしていたので、
結構体力を使ったのですが、西表島ではあまりカラダに負担がかからないよう
休むことに専念していました。
 
東南アジアを周遊しているときも思ったのは、つねに移動ばかりしていると
体力がもたないので、休憩日を設けてカラダをしっかり休ませないと
体調を崩しやすくなるということ。 
 
なので、八重山周遊では西表島を休憩スポットとしていました。
 
 
結果的に西表島ではしっかり休めたので、
このあとの旅がより楽しめたような気がします。 
 
 
 
長旅する場合、どこかのタイミングで休憩日をしっかり設けること...
これが長旅を上手く楽しむ秘訣です。





八重山をまわる場合には島に一泊以上した方がいいですよ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment