Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

フリーランスや起業を目指している方に伝えたいこと

2018
22
P1220903後



数年前から「フリーランス」という言葉が流行り、
フリーランスに憧れる若者が増えている。
 
ちなみに僕も、PC一台使って自分で仕事を進めているので
「フリーランス」と名乗ることもできるけど、カタカナでかっこつけるほど稼ぎもないので
「自営業」と名乗ることがほとんど。
 
まあ、この古臭い感じが自分にはしっくりくるので、
自営業として発信する方が好きだったりもします。
 

 
最近の日本では、「就活自殺」という言葉があるように
就職試験にいつまでも受からず、自分に価値がないと思い込んでしまった人たちが
自ら命を絶つような事態が起こっている。
 
僕が思うのは、彼らの中でフリーランスや起業のように、
自分でやっていくという選択肢はなかったのかがすごく残念に思ってしまう。
 
たしかに、日本はまだまだ企業勤めの方が一般的だけど、
今の時代キャリアがなくても自分で進められる仕事はいくらでもある。
 


起業やフリーランスに憧れを抱いている人もたくさんいるだろうけど、
そもそも雇われない生き方は目指すものではなく、結果的になるもの。
 

僕は、自分の叶えたいライフスタイルが
 
「誰にも指図されず、自分の好きな場所で働けるような生き方をする」
 
だったのですが、勤め人のままでは叶えられそうになかったので
スキルがないながらも雇われない生き方へシフトしました。
 

よく...
 
「自分にはスキルがない」とか「自分でやっていくのは大変」
 
と言いながら、会社で上司や先輩からの罵声に耐えながら嫌々働いている人がいるけど、
僕から言わせてもらうと、その苦痛に耐えられる強さがあるなら
雇われない生き方の方がまだ楽だと思っています。
 

やってもいないのに、雇われない生き方は大変だと思い込んでいるみたいだけど、
そもそも仕事のとらえ方が、勤め人と雇われない生き方の人間とではまったく違うんです。
 
 
 
勤め人だと、どうしても会社側からやらされている感覚が
強くなってしまうと思う。
 
一方、雇われない生き方だと
自発的にビジネスを行っているので、
仕事なんだけどある種ゲーム感覚に近い部分があるんです。
 
これは、勤め人の方にいくら説明しても理解されない部分かもしれないけど、
“仕事とゲームの中間”のような感覚で働いています。
 
なので、たとえ仕事でつまづいたとしても
何度もチャレンジしてクリアできないRPGのように
苦戦しつつも楽しみながら乗り越えていけるんです。
 

勤め人の方で、任された仕事が上手くいかない中、
さらに上司や先輩に罵声を浴びせられたとしたら
二重にストレスがかかってしまい、仕事を楽しむなんてことはほぼ不可能だと思う。
 


それと、雇われない生き方をしていると
仕事とプライベートの境目がなくなるので、
休みをとっても自然と仕事のことを考える時間が多くなります。
 
これを勤め人の方が聞くと「疲れない?」と思うかもだけど、
それもさっき言ったように、雇われない生き方をしていると仕事をゲーム感覚に近い状態で
やっているので、休日であっても悩みもありつつ楽しんで色々と思考するんです。
 

小学生の頃、学校で授業を受けている最中
クリアできないRPGゲームのことを自然と考えることってなかったですか?
 
たとえると、あの感じに近いです。
 


こんな具合に、勤め人と雇われない生き方の人間とでは、
そもそも仕事に対するとらえ方がまったく変わってきます。
 
なので、勤め人の方でフリーランスや起業を目指している人がいたら、
勤め人の今ある感覚だけを信じずに、もっと気軽に一歩踏み出してほしい。
 
 
企業や組織でつくられたその感覚、まずは疑ってみてください。
 
 
仮に、自分でビジネスをはじめて上手くいかなかったとしても、
これだけ恵まれている日本であれば、勤め人として何度でもやり直しがききます。

それが、日本人ならではの強さです。


 
企業や組織に勤めるだけが正しい生き方ではないことを知ってもらいたくて、
今回働き方について書いてみました。







「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)
     
      
関連記事

0 Comments

Add your comment