Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

「なまけ者」の東南アジアと「働き者」の日本、果たしてどちらが幸せ?

2018
19
P1240473後



ハンモックに揺られながら、ふたりでお遊び。


ハンモックといえば、ぐっすり眠るためのとっておきのアイテム。
 
日本でハンモックを使うことは一般的ではないけど、
フィリピンやカンボジアでは、ハンモックを家庭に取り入れているところも多くある。
 
 
 
東南アジアといえば、女性が働き者で男性がなまけ者のイメージがあるけど
まさにその言葉どおり。
 
東南アジアを旅していると、日中働くべき時間に男性がハンモックに揺られながら
何とも言えないような表情で昼寝しているのをよく目にする。
 
働き者の日本人からすれば、彼らに対して眉間にシワを寄せてしまいそうだけど、
彼らは至ってマイペースで日本人のように仕事に追われることなく
休みたいときはしっかり休むのが基本。
 
ただ、こんな感じだからたいして稼ぎもよくないわけだけど、
それでも東南アジアの男性は焦ったりすることはない。
 
 
日本人はたしかに働き者で、世界的に見てもお金持ちの部類に入る。
 
でも、日本を「幸せ」という言葉で強く言い表せないのが
ちょっと寂しいところ。
 
むしろ、お金を持たずマイペースに生きている東南アジアの人たちの方が
何だか幸せそうな気がする。
 


これまでの日本だと、お金を稼いで安定することが幸せだと信じてきたわけだけど、
ミニマリズムを大事にしたり、仕事を辞めてまで世界一周の旅に出たりなど、
最近の日本は幸せの基準が少しずつ変化している。
 
これは、日本が徐々にいい方向へ向かっている証拠でもある。


 
幸せに対する価値観のシフト。
 
 
 
お金にとらわれない幸せをつかめるよう過去の常識を手放し、
もっともっと新しい生き方を目指していこう。







「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)
     
      
関連記事

0 Comments

Add your comment