Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

波照間ブルーを前に、ラオスの魅力を再確認できたという不思議な話

2018
26
P1290393後



波照間のニシ浜でまったりタイム。
  
 
 
波照間へ行く人なら誰もが行くニシ浜。
 
ニシ浜の波照間ブルーを一望できる休憩スペースでまったりするのが、
何とも言えない祝福のヒトトキ。
 
 
このスペースでくつろいでいると、いろんな人が集まってきます。
  
 
海好きなカップルや本を持って読書しに来るおひとり様、
そして、オリオンビール片手にやって来るウチナーのおっちゃん。
 
いろんな人が集まる中、僕は東南アジア周遊を終えたばかりだったので、
久しぶりの日本で少しオドオドしていました。
 
 
たしかこのとき、近くにいた人が話してたのを聞いてたんですけど、
この日は一年の中でもかなり海がきれいなことを言っていた気がします。
 
波照間は運にかけて一泊で来てみたのですが
ちょうど良いタイミングで来れたみたいなので、
はじめての波照間ブルーはあり得ないくらいの色を放っていました。
 

東南アジアをまわりながらいろんな海を見てきたけど、
波照間の海はダントツで美しいと思う。
 
もし、海好きな人できれいな海を求めている人がいたら、
わざわざ海外に行かずに波照間に行くべき。
 
ため息が出るほどの透きとおった海が
待ってくれています。
 
 
 
僕は、以前までは海と離島が好きだったのですが、
そのときに来ていたら波照間にめっちゃハマったと思う。
 
ただ、今は求めるものが変わったからなのか、
波照間にどっぷりハマるということは正直ありませんでした。
 
 
何ていうか...
たしかにあり得ないくらいの美しい海を見て
心は満たされることには満たされる。
 
でも、それを上回るとっておきの場所を見つけてしまったので、
思っていたよりも波照間に魅了されることはありませんでした。 
 
 
波照間を超えるとっておきの場所...
それは、このブログでも僕がよく紹介するラオス・ルアンパバーンです。
 
 
 
人によっては波照間ブルーを眺めながら
自分と心置きなく向き合える人もいるかもですが、
ラオスでは人・モノ・コト、すべてのあり方から自分と深く向き合えるんです。
 
その感覚を東南アジアを周遊しているときに知ってしまったので、
本来感じるべき波照間の魅力が半減してしまったんだと思う。
 
 
ただ、それでも波照間の海は
世界でもトップクラスの海だと思います。
 
 
 
波照間ブルーを眺めていると、僕の中で自然とラオスが頭に浮かび、
このふたつを比較しているとラオスがどうしても勝ってしまうんです。
 
こんなにあり得ないくらい美しい海が目の前にあるのに
それを上回るラオスって、よくよく考えたらすごいなぁと思う。
 
ラオスって、
海もない、遊ぶところもない、ショッピングを楽しむところもない...
ないないのひたすら連続ですが、その「ない」という感覚がたまらなく魅力的なんです。
 
  
日本って、いろんなものがあふれすぎている国なので、
ラオスのように「ない国」に行くと、はじめは誰しも戸惑うかもしれません。
 
ただ、その環境に触れ続けていると自分がどんどんクリアになっていき、
余計なことを一切考えなくなるんです。
 
だから僕は、恵まれすぎた日本の中でいき詰まっている人がいたら、
対極にあるラオスへ行けば何か答えが見つかると思うので、
そんなこともあってこのブログでラオスを強くおすすめしています。
 
 
 
波照間のきれいな海を見に来たはずが、
ラオスの魅力を再確認できたという波照間での出来事。
 
この写真を眺めていると、
波照間ではなくラオスへまた戻りたくなるという
不思議な現象が僕の中で起こります。
 
ラオスって、それだけ説明しようもない不思議な国でもあり、
魅力あふれる国なんです。
 
 
ラオスへもっといろんな人に足を運んでみてほしい...
波照間ブルーを前に強く願ってみました。





沖縄本島の旅ももちろん面白いですけどね!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment