Make Your Best 未来!

~ とびっきりの未来をつくれ! ~

首長族に会うなら、チェンマイよりもメーホンソーンへ行ってみよう!

2018
15
P1290007後



食事中に撮らせてもらった、
タイ・メーホンソーンで暮らす首長族のママさん。
 
 
 
首長族に会うことを考えると、
ほとんどの人がタイのチェンマイへ行くことを考えると思う。
 
たしかに、チェンマイ中心部から少し離れると首長族の村はあるけど、
なんせツーリストが多いのが、ややマイナスポイント。
 
 
僕はチェンマイでは、ツアーを利用して首長族に会ってきましたが、
とくに中国人の団体さんがかなり来ていたキオクがあります。
 
せっかく落ちついた雰囲気で見てみたかったのに、
ちょっと残念。。
 
ただ、ツーリストなれしているからか、
チェンマイの首長族は、僕らツーリストに対して接し方が上手かった気がしました。
 
 

チェンマイでももちろん首長族に会えることには会えるけど、
もっと落ちついた雰囲気で、首長族に会いたいという人におすすめがあります。
 
それは、チェンマイからミャンマーの方へ向かうと
メーホンソーンという町があり、そこで純粋な首長族と会うことができます。
 
首長族に会うために、メーホンソーンまで行く人なんてあまりいないだろうけど、
ツーリストに汚されていない首長族の村へこの町から行けるんです。
 
 
さらに、メーホンソーン自体ツーリストがほとんどいないので、
人混みが苦手な人であれば、メーホンソーンはしっくりくると思う。
 
 
 
メーホンソーン郊外には3つ首長族の村があるのですが、
写真に写っているのは、その中のひとつの村で出会った首長族のママさん。
 
タイ人は基本フレンドリーな人が多いけど、
首長族ってわりとシャイな人が多いんです。
 
ただ、このママさんに関しては
その見た目からもわかるように普通のタイ人みたく、
フレンドリーな雰囲気を持っていました。
 
食事している様が画になったので
首長族のママさんに写真撮っていいか聞いてみると、
心よくOKしてくれました。
 
 
ちなみに、チェンマイもそうですが、
メーホンソーンの首長族もちょっとだけ英語喋れるみたいです。
 
 
 
写真を撮ったあと、
首長族のママさんが「隣に座りな」みたいな合図をしてきたので、
ちょっとばかし隣に座ってくつろぐことに。
 
でも、英語なんてろくに話せないので、
無言のままふたりの時間を楽しんでいました。
 
無言だと何だか気まずそう...
なんて思われる人もいるかもだけど、全然そんなことないんです。
 

なんだろう??
 

言葉にするのが難しいけど、とくに気まずいこともなく、
ふたり一緒に並んでのどかな景色を眺めているだけで、
不思議と心が満たされたんです。
 
無理に「何か喋らないと...」なんて焦ることもなく、
ふたりでともに、ただただのどかな景色を楽しんでいました。 
  
 
このとき僕は、言葉ってときになんの役にも立たないこともある
ということを思いました。



言葉を交わすことなく、景色を楽しむ僕と首長族のママさん。
 
 
 
その様がすごくシンプルで、何だか田舎のおばあちゃんちに
遊びに来たかのような感覚にもなれたほど。
 
 
この日、会ったばかりの僕ら。
 
 
言葉ではつながれなかったけど、
言葉以上に大切な心でつながれたような気がしました。 
 
 
 
帰国してから、言葉が飛び交う日本で過ごしていると、
首長族のママさんとともに、無言で景色を楽しんでいたあの日の出来事が
何だか懐かしくもなります。





首長族の村へ行く際の注意点を書いてみたのであわせてどうぞ!
 
 
 
 
 
 【 人気の記事ベスト3!】 



 
 
 
 
 
「子供写真ブログランキング」に参加しています。
日本の子どもを撮る方がたくさんいる中、東南アジアで暮らす子どもの写真をメインとした
このブログが、上位にランクインしたら面白いかなぁと思いランキングに参加中です。
 
応援の1クリック、ヨロシクお願い致します!

p_kids88_31.gif
(現在のランキングもチェックできます)    
関連記事

0 Comments

Add your comment